オートロックで防犯を

近年新しく建てられたマンションにはオートロックシステムが設置されるものが増えてきました。マンションを購入したり、借りたりする時にオートロックが設置されているかどうかは防犯対策として選ぶポイントの一つになってきています。一人暮らしや女性の方には、導入されていることで安心感がありますよね。

オートロックはマンションの建てられた時に一緒に設置されることが多いですが、古いマンションにも後からオートロックを導入するケースも増えてきています。設置する場所は二種類あり、マンションの共同玄関に設置する場合、住人が中に入るときは鍵となるものまたは暗証番号を入力することで共同玄関の扉が開きます。訪問者が中に入るときは各部屋のインターホンで住人を呼び、住人が遠隔的に共同玄関を開けることになります。もう一つは各部屋のドアにオートロックが設置されている場合です。こちらの方が共同玄関にオートロックを設けるよりセキュリティが高まります。またこのメリットとして、設置するオートロックの種類によって入居者が変わるたび鍵を交換する手間が省け、コストを削減することもできます。もちろん片方だけでも安心感はありますが、防犯対策としてより良いのは共同玄関と各ドア両方にオートロックが導入されているマンションです。

ではどのようなオートロックが有効なのでしょうか。ここからはオートロックの種類や性能と共に、新たに設置する場合の費用や業者についてご紹介していきましょう。